Order

エルメスのバーキンに夢を抱きすぎていたのかもしれませんが、私はやはりこれからもずっとエルメスのバーキンに憧れて生活していくのでしょうね。
エルメスは何といっても、誰もがうらやむブランド、特にエルメスの中でもバーキンは特別な存在なんです。
かといってバーキンそれだけに捕らわれていたらブランドしか興味がなくなってしまいますから私が求めるものはエルメス一択です。

それ以外はそこそこならこだわりません。

どれか一つだけでもアクセントとしてエルメスのもの、特にバーキンを持ち歩きたいのです。
有名ブランドを身につけているだけで周りの評価は変わるでしょう。

現に、エルメスのバーキンを持っている時と、持っていない時のある店の店員さんの態度が明らかに違う事があって、エルメスのバーキンがこんなところで影響を及ぼすのだ…と実感した友人もいるくらいです。
ただしそれに見合った服装をしないと折角のブランドがかわいそうですけどね。

私も年齢を重ねるごとに見た目よりも質のよさ使いやすさを重視するようになり、持っている服はとてもシンプルなものばかりになってきました。

学生時代は英字プリントが入ったこってこてな服を選んで着たりしていましたが、二十歳を過ぎてからはそんな無駄に柄が入っているものは選ばなくなりましたね。
嫌いなわけではないのですが自分に似合わないと気付いたからです。

元々顔が老けているといわれるので服装だけでもと背伸びならぬ背縮み(笑)をしていたのですが、ある時ふと自分が着たいものを着ないでファッションなんて楽しめているのだろうかと気づいた時がありました。

友達や私の周りの知人はみんな自分の好きな服を着ています。
体型を気にしている子だって結局は自分にこれは似合っていないかもしれないけどそれでも自分が着たいものじゃないと楽しくないからと好きな事を貫き通しています。
だから、エルメスのバーキンが好きな私は、エルメスのバーキンを持つことに、目標をもち、信念を貫くという事を大事に生きていきたいと思うのです。